中国、手持ち式音波砲を開発・量産へ デモ隊強制排除に使用

号外

中国当局の科学技術最高研究機関、中国科学院はこのほど、抗議デモ参加者を制圧するために使う世界初の携帯型音響兵器(Sonic weapon)を開発したと発表した。今後、量産を目指すという。香港問題などで中国国内に社会不安が広がるなか、当局はハイテク技術を駆使して共産党政権の維持を図ろうとしているとの指摘が出ている。

中国科学院傘下の理化学技術研究所(IPC)は9月18日、同ウェブサイトで伝えた。このニュースリリースによれば、IPCは…大紀元

これより先は会員限定コンテンツです。ログインまたは、会員登録が必要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました