停電の千葉、通信障害拡大の恐れも 非常用電源に限界

号外

台風15号の通過からまる2日たっても、千葉県では事態が収束するめどがたっていない。東京電力は11日、同日中の県内の停電復旧は難しいと発表した。携帯電話などの通信を支えてきた非常用電源も切れ、市民には不安といらだちが募る。

 「11日中の復旧の見通しがたっていない。大変ご迷惑をおかけして、まことに申し訳ない」。東京電力パワーグリッドの金子禎則社長は11日朝、東京都千代田区の東電本店で会見を開き、同日中にすべての停電を解消させるのは難しいと発表した。11日午後1時時点で、約43万戸が停電している。

 停電復旧の遅れにともなって、通信障害の地域が広がる恐れも出てきた。台風が通過した9日以降、通信を支えてきた基地局の非常用電源が切れるところが出てきたためだ。

 NTT東日本によると、県北部の香取市や南部の富津市などを中心に、千葉県内全体で固定電話約8万回線、インターネット約7万回線で不通状態が続いているという。通信可能な地域でも、非常用電源が切れかかっている。「停電から24時間程度なら非常用でまかなえるが、今回は想定の範囲外」という。

 携帯電話のNTTドコモやKDDI(au)、ソフトバンクでは、南房総市、君津市、銚子市などの一部で通信障害が続いている。朝日新聞

これより先は会員限定コンテンツです。ログインまたは、会員登録が必要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました